スキンミミックスについて問い合わせてみた

スキンミミックスはセラミドプレミックスな原料です。

以前、チラッと紹介した、

スキンミミックスという原料。

 

セラミド1、2、3、6、9と、

セラミドが5種類に加え、コレステロール、脂肪酸を

加えて、細胞間脂質に限りなく近くした原料です。

 

細胞間脂質のセラミドが占める割合は50%なので、

それくらいの濃度が含まれているかどうかを確認したかった

というのもありますし、

 

天然ヒト型セラミドと比べて、効果はどうなのよ?

というのも気になるところでした。

 

あと、パラベン入ってないのか?となね。

 

 

というわけで、

原料を取り扱っているマツモト交商に問い合わせてみました~

 

お問い合わせページはどのサイトにもありますが、

川上へ行くほど、メールの返信率は鈍くなります。

 

販社はほぼ100%帰ってきます。

(帰ってこないところは論外です)

商品を卸しているところだと70%くらい、

OEMメーカーは50%、

原料メーカーは10%くらい。

 

もし、あなたが大手の仕入れの責任者であれば、

全然反応は変わってきますが、

中小企業の場合は、こんな感じだと思っていたほうが、

精神的によいです。

 

 

で、案の定、返信はありませんでした(笑)

 

 

私もOEMの問い合わせの窓口だったので、

まあ、気持ちは分からなくもないです。

 

健康食品のOEMだと、

月に3~5件くらいは新規の問い合わせがありました。

 

普通は、こちらから「商品つくってくださいよ~」と

営業をかけるので、大手はわざわざ問い合わせはしない

わけです。

 

つまり、問い合わせを受ける時点で、

テンションは低いわけです。

 

ちなみに、サプリメントのOEMをお願い

するときに、断られる可能性が高いのは、

 

①小ロット

ミニマムロットで1000個です。

100個とかは絶対無理です。

(ただし、小ロット専門のところもありますが)

 

②素人丸出し

サプリメントとは?を1から教えるのは

ちょっと面倒ですし、知らないのに売れるとは

思えないわけで。

 

③あいみつ

色々なところに問い合わせて、

価格、提案を競わせることです。

「ん?じゃあ、そっちでやれば」

となる可能性大です。

 

新規の原料メーカーに問い合わせるときは、

自分が何者で、何がしたくて、

最初は小さい話だけど、

うまくはまれば、大きなビジネスになるよと

風呂敷を広げて話をすれば、

かなりの確率で返事はあります。

 

 

今回は正直にやり過ぎたな・・・

と反省しているわけなのです。

 

 

 

それにしても、すごく面白い原料なのですが、

今のとこ、使ってる商品を見つけることができません。

 

でてきたら、天然ヒト型セラミドのライバルに

なるであろうに・・・

 

安定供給に不安があるのか、

安定性に不安があるのか、

価格が法外なのか、

 

何か理由があるんでしょうね。


(補足)

一応、使用されているみたいです。

 

まず、価格が高いそうです。20万円/kg弱

セラミドとして1%くらいとのことなので、

 

セラミド1%品で作ろうと思ったら、

100%使わなければならないので、

ナチュセラクリームと同量、つまり30gで作ると、

30×200=6000円くらいの原料価格がかかるわけです。

 

セラミド0.1%なら3gでいいので、

3×200=600円か。

 

うーん、ちょっとしんどいかな・・・

 

もう一ケタ下げたら、効果は期待できませんし。

 

後日談・・・

一応、返答ありました~

1週間くらい経った後なので、

もうないな・・・と思ってたんですが。

 

価格は、半分くらいでしたわ。

まあ、ギリギリチョップな感じですね。

価格的には。

 

また、一応流通しているみたいです。

 

見つけたので、紹介しておこう。

 

ハウスオブローゼパワーサージジェルDX

(どこが本家かわからんので、リンクはしてません)

気になる人は、是非、うちと比べてみてくださいませ。

首を洗って待ってます。

 

モイスチャライザー

(こちらも探しきれませんでした)

凄い名前ですね・・・美容液です。