ホーム<ナチュセラ極


セラミドを極めしセラミド美容液


セラミド極

※セラミドは保湿成分です。

ナチュセラシリーズ最高傑作

※セラミドは保湿成分


セラミドスフィンゴシン+脂肪酸でできています。

そして、脂肪酸の長さには様々なバリエーションがあります。


炭素数16~20 長鎖脂肪酸

炭素数22~24 極長鎖脂肪酸

炭素数26以上  超長鎖脂肪酸


アシルセラミドは炭素数が30を超える超長鎖脂肪酸を有し、

肌に特異的に存在するセラミドになります。


アシルセラミドにあたるのは、セラミド1、セラミド4、セラミド9です。


セラミドの構造


そして、セラミドの構造は規則性があり、

一定の間隔でアシルセラミドが必要となります。


お肌にとって、アシルセラミドは必要不可欠であり、

バリア性、保湿性に大きく関わってきます。


もし仮に、あなたの肌からアシルセラミドが一切存在しなくなったとしたら、

体の水分を保持できなくなり、干からびてしまうと言われます。


アシルセラミド高い


驚くなかれ、アシルセラミドの価格は1億円/kg(為替によって変化します)。

ただでさえ高額で有名なセラミドの中でも群を抜いて高額で取引されています。


そんな中、ナチュセラ極はアシルセラミド0.02%配合。(セラミド総量は0.221%)


ナチュセラクリーム(Ver3.77)でもアシルセラミドは0.006%(セラミド総量は0.431%)

セラミド濃度ではナチュセラクリームの方が高いにもかかわらず、

ナチュセラ極の方が効果は圧倒的に高いです。


※セラミドは保湿成分


セラミド極ができた経緯


セラミド比較試験

※セラミドは保湿成分です

 

ナチュセラシリーズでは天然ヒト型セラミド推しをしてきましたが、

本当に天然ヒト型セラミドは優れたセラミド原料なのか・・・

そのことを確認したくて、比較試験をすることになりました。

 

天然ヒト型セラミド

※セラミドは保湿成分です

天然型マルチセラミド

※セラミドは保湿成分

セラミド比較

※セラミドは保湿成分

ドロー

弊社のお客様、302名様にご協力いただき、

天然ヒト型セラミドと天然型マルチセラミドを比較してもらいました。

 

天然ヒト型セラミド、天然型マルチセラミドどちらも

セラミド含有量、1%溶液で販売されているので、

 

それぞれグリセリン、BGにて1%に薄めたものを、

どちらかわからないようにして、試してもらいました。

 

どちらが良いと思ったかのアンケート結果では

「わからない」が一番多くなりました。

ただし、どちらか一方を選んだ人でも、

使用感の差だけで、効果的には差は

感じられなかったという人が大半を占めます。

 

分からないという人も、

どちらも甲乙つけがたいという回答が

過半数を占めました。


※保湿成分

「すごくいいから、商品化して欲しい」


比較試験にご協力いただいたほとんどのお客様に、

「商品化して欲しい」との声をいただきました。


困ったことに、天然ヒト型セラミドがいいというお客様は天然ヒト型セラミドを、

天然型マルチセラミドがいいというお客様は天然型マルチセラミド

商品化して欲しいというわけです。


まあ、当然のことですが。

最強セラミド


考えた挙句、両方混ぜちゃえってことで、


天然ヒト型セラミド溶液 10%、

天然型マルチセラミド溶液 10%

を配合した、セラミド特化型の美容液をつくりました。

 

比較試験で使用したものの20倍の濃度で、

しかも両方入っているわけです!

※保湿成分

オススメ

※セラミドは保湿成分です。

 

セラミド(保湿成分)を突き詰めた、ナチュセラシリーズ史上最高傑作です。

騙されたと思って使ってみてください。

後悔はさせませんよ♪

 

 


ナチュセラ極

成分:水、BG、セラミド6Ⅱ、セラミド3、セラミドNP、セラミドNS、セラミドEOS、セラミドEOP、セラミドAP、クダモノトケイソウ果実エキス、サトザクラ花エキス、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン、アーティチョーク葉エキス、アスコルビン酸、リンゴ酸、コレステロール、PEG-60水添ヒマシ油、ダイズタンパク、セテアレス-25、グリセリン、セタノール、べヘン酸、フェノキシエタノール

 

内容量:30ml

¥12,000

¥6,500

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日1